看護師不足が叫ばれる現状において、看護師は売り手市場ともいえます。しかし、実際には、看護師資格があっても、結婚後、離職してしまう人が多いのも現実です。 ナース求人の現状は、大きな大学病院や総合病院には、希望者が殺到するのに対し、小さな個人病院では、人が集まらず、看護師増員さえもできません。看護師の数が増えると、病院で受け入れられる患者数も増やすことができます。それはつまり入院患者の受け入れ数が増えること=高額な入院費を請求することができるので、経営する病院側の利益ともなるので、できるだけ、病院はある程度の看護師の数を確保したいと思っています。小さな病院では、慢性的な看護師不足のため、病床数を減らす他、ありません。 こうしたナース求人の現状の今、待遇のよい求人がたくさんあります。 病院側もなんとか看護師の数を確保したいので、夜勤の数を減らしたり、休日もできるだけ取りやすい環境を提供したりしています。 また休日が休みである小さなクリニックでは、看護師不足が比較的おきません。入院患者の受け入れのないところや、休日の診療がないクリニックでは、働きやすい職場でもあるからです。 小さなクリニックのナース求人の現状は、准看護師が採用されるので、看護師不足にはならないとも考えられます。 なぜなら、大きな病院では、看護師資格がないと採用されないところが多いからです。 また、小さなクリニックの方が、家庭を持ちながら働く女性にとっては、働きやすい職場であるので、比較的、人があつまる環境ともいえるのではないでしょうか。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。